忍者ブログ

スキンを変えるたびにブログタイトルも変わります。  こんっなに素敵なスキンですが、内容は趣味に突っ走っている模様。  普段、ぶっちゃけられないような叫びが多発する可能性に満ちています。・・・ってゆーかすでにしてます。  コメントレスはコメントに直接返信しています。

2019.11┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME[PR]BLEACH関連+腐女子思考。国語宿題本文。

[PR]

2019-11-19-Tue 03:32:31 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国語宿題本文。

2006-02-25-Sat 14:45:55 │EDIT
ちょっとやそっとじゃ止まらないキミのマシンガントーク
時々迷惑に感じるくらいPlease Please Don’t disturb me
そんじょそこらの男達には手にも負えないレベルのYou’re MY HONEY
ボクには分かってるんだよそれがキミノ愛のカタチ
どんなに小さな出来事だってPlease Please Tell me all about YOU
世界中の誰よりもずっとキミのコト知っていたいから
シャワーのよに降りかかるコトバの雨に打たれていたい

         GOOD TIME BAD TIME
         いろいろあるけれど It’s All Right
         キスして抱きしめてる時だけはホントに静かだね
         I want You want
         これ以上スキになるとヤバイ
         離れられない

ポルノグラフィティの『マシンガントーク』より一部抜粋。
全部だと紙一面使っちゃうので。それでもギチギチですけども。

この歌は本当に『甘い』と思います。恋人にぞっこん(死語・・・)な様子でしょうか。歌自体、テンポが速い目で一気に言い切る感じがします。私はカラオケに行ったらまずこの曲を歌います。テンションの高い曲なので歌って楽しいですし、何よりも幸せ感が伝播してくるようで、気分がいいです。
悲しい恋の歌で良い歌詞もありましたが、やはりこの曲の『幸せ』が一番だと思い、選びました。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

・・・今、貴方に知ってほしい言の葉、月見酒の香にのせて・・・

   貴方は至高の華に似て 近づくのは大変で
   貴方は昇る満月に似て 近づくほど離れて

   自分の幻想などではなく 貴方は誰も近づけない

   それでも 近づきたいと 望み 欲し 掴み

   今そばにいる自分に向けてくれる微笑が
   今共に在れる自分にだけ見せてくれる心が

   自分の一番の幸せ
   『貴方は自分の至高の華、昇る満月なのです。』

イメージは『脱色の世界の白い恋人』です。
一面の雪で脱色されてしまったような景色の縁側に、ふたり並んで座って、月見酒をしながら、ふと伝えていたらいいなぁ、と。
ほんの少し風流さを交えつつ、今、この言葉を貴方に伝えられる幸せを。
結局私は『甘い』のが好きだとゆーことで。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

カウンター
プロフィール
HN:
和泉 瑠津
性別:
女性
職業:
腐女子。
自己紹介:
少年ジャンプが大好物の関西在住の腐女子です。
最近BLEACHとかテニプリにハマッているので関連記事が多め。
あとは戦国BASARAとかpop'nmusicとか。
同じ名前でmixiやってます。
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 青で彩色、銀で縁どる。 Some Rights Reserved.
http://blueandsilver.blog.shinobi.jp/bleach%E9%96%A2%E9%80%A3%EF%BC%8B%E8%85%90%E5%A5%B3%E5%AD%90%E6%80%9D%E8%80%83%E3%80%82/%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E5%AE%BF%E9%A1%8C%E6%9C%AC%E6%96%87%E3%80%82
忍者ブログ[PR]